セロ・ベルデ鉱山(アレキパ州)拡張工事式典への参加

スペイン語:Español

 5月23日,アレキパ州アレキパ市にある,セロ・ベルデ鉱山(銅・モリブデン)の拡張工事完工式典が行われ,株丹達也駐ペルー大使は鉱山会社関係者の他,カテリアノ首相やシンノ鉱山副大臣とともに出席いたしました。
 拡張工事により,同鉱山の鉱石処理量は約3倍に,銅の生産量は約2倍となり,ペルー最大級の,世界でも屈指の銅鉱山となることが期待されます。
 本鉱山の運営には日本企業が一部出資参加しており,我が国が輸入する銅鉱の安定的な供給に大きく貢献するものと期待されます。
 カテリアノ首相は祝辞の中で,ペルー経済の牽引役として期待するとともに,地域住民の環境に配慮した開発を高く評価しました。

式典最後に行われた記念碑の除幕式の様子(中央のカテリアノ首相とフリーポート・マクモラン社(米国)アドケルソン会長による除幕。(一番右に株丹大使))

式典会場には600名を超す鉱山関係者が参加

カテリアノ首相による祝辞

カテリアノ首相と挨拶する株丹大使