ペルーに対する一般文化無償資金協力「パチャカマック博物館遺跡保全機材及び教育機材整備計画」に関する交換公文の署名

スペイン語:Español

2016年7月5日,株丹大使とアナ・マリア・リリアナ・サンチェス・バルガス・デ・リオス・ペルー共和国外務大臣との間で,1億4,890万円を限度とする一般文化無償資金協力「パチャカマック博物館遺跡保全機材及び教育機材整備計画」に関する交換公文の署名が行われました。

この協力は,パチャカマック遺跡の博物館における発掘・収蔵物保存機材,遺跡建造物保存機材及び周辺コミュニティへの教育活動用機材を供与するものです。
 
パチャカマック遺跡は,インカ帝国が滅亡するまでの文化の変遷を残す歴史的・文化的価値を保持したペルーでも貴重な遺跡であり,首都からの観光ルート拠点としても重視されています。今回の協力により,同遺跡の保全や遺跡に関する啓発・教育活動がより活発化するとともに,同遺跡の価値を高めることにも繋がります。また,同遺跡が観光資源としても活用されることで,周辺住民の生活向上への貢献も期待されます。
 
(株丹大使挨拶はこちら(スペイン語))