ペルーにおける豪雨水害に対する緊急援助 –ペルー・日本見返り資金による緊急援助物資の供与-(2017年4月10日実施)

   ペルー・日本見返り資金事務局は,ペルー共和国における豪雨水害に対し,同国政府からの要請を受け,緊急援助物資(折りたたみ式ベッド,折りたたみ式テーブル,折りたたみ式椅子,洗面用具)を供与しました。
   ※ペルー・日本見返り資金は,日本国政府のノン・プロジェクト無償資金協力および食料増産援助において実施されたプロジェクトの一定額がペルー政府にて積み立てられているものであり,その資金はペルー共和国のために使用されます。

   10日15時より,ペルー側からホセ・ベリーナ外務省アジア大洋州局長,リカルド・カルバハル国家防災庁復興局長,ホルヘ・パブロ・ボトベルナレス国際協力庁長官,マルガリータ・イマノ・ペルー・日本見返り資金事務局長が,日本側から株丹達也駐ペルー日本国特命全権大使,高木昌弘公使参事官,江口雅之JICAペルー事務所長が出席し,同物資の供与式を実施しました。引渡しの際に,ペルー側より,ペルー・日本見返り資金による援助に対する感謝が述べられました。

   昨年12月から断続的にペルー各地で発生している豪雨により,各地で土砂崩れ,地滑り,増水による河川の氾濫等の水害が全国的に発生しています。ペルー政府の発表(4月8日時点)によれば,今回の洪水による死者は106名,負傷者数は366名,行方不明18名,被災者は16万3,473名に上っています。

   なお日本政府は3月28日,ペルー政府からの要請を受け,国際協力機構(JICA)を通じ,緊急援助物資(テント,毛布,スリーピングパッド,浄水器,発電機)を供与しています(以下ホームページ参照)。
  http://www.pe.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000401.html

株丹大使の挨拶はこちら

写真(供与式の様子)

                           
                                                 緊急援助物資                                                    株丹大使挨拶


                           
                                             授受証明書の手交               関係者と緊急援助物資