日本人医療チームがペルーの被災地において医療支援を実施


   AMDA(国連経済社会理事会の総合協議資格をもつ日本の人道支援NGO:The Association of Medical Doctors of Asia)は,昨年12月から続くペルーでの豪雨被害に対し人道支援を行うため,日本から医師1名(渡久地 宏文医師),調整員1名(松永健太郎氏)を派遣し,4月2日にペルーに到着されました。
   4日よりリマ郡カラバイヨ地区,カハマルキア,カンタ郡サンタロサ デ キベス地区ワラビの被災地域でAMDAペルー支部及びペルーのカウンターパートであるSocios En Saludと医療活動を行い,7日からは,洪水被害の深刻であったペルー北西部ピウラ(Piura)へ移動し,ピウラ郡クラモリ地区,モロポン郡バタネスで活動されました。

   活動が終了し,AMDA渡久地医師,松永氏,AMDAペルー支部のウィリアム・イナフク氏が帰国前の11日に日本大使館で株丹達也駐ペルー日本国大使を表敬訪問され,今回のペルーでの医療活動内容などをご紹介いただきました。

   AMDAの概要について及びペルーでの医療活動の詳細については,AMDAのホームページ(日本語,英語,フランス語)をご覧下さい。
  
(トップページ)
     http://amda.or.jp/

  (4月11日更新の活動状況)
    http://amda.or.jp/articlelist/?work_id=5481


写真

【表敬訪問の様子】

                                              
                            報道関係者からAMDA渡久地医師への                                                      意見交換の様子
                            インタビュー
         
                                               
                                   AMDA一行と株丹大使                                                    AMDAより今回の活動を紹介

【被災地での医療活動の様子(AMDAホームページより抜粋)】

                   
              支援場所に向かうAMDA一行               被災地で医療活動を行うAMDA渡久地医師