ペルーの経済情勢(2018年1月)

1 総論
 最新のペルーの月例主要経済指標は,経済成長率1.32%(12月:前年同月比),リマ首都圏のインフレ率1.25%(1月までの一年間),対米ドル為替相場3.215ソル(1月平均値),リマ首都圏の完全失業率6.9%(12月),財政収支2,789百万ソルの黒字(1月),貿易収支1,081百万米ドルの黒字(12月)となった。
 
2 各論
(1)主要経済指標
 ペルー中央準備銀行及び国家統計情報庁によれば,ペルーの主要経済指標は次のとおり。
ア 経済成長率
 最新の経済成長率(GDP成長率)について,12月は主に漁業及び製造分野の成長率低迷が見られる一方,農牧,建設及び通信分野等の成長により,全体としてGDP成長率は1.32%(前年同月比)となった(1月分は未公表)。


 

イ インフレ率
 1月のリマ首都圏のインフレ率(消費者物価指数(前月比))は,0.13%となり,最近12か月(昨年2月~1月)の上昇率は,1.25%となった。




ウ 為替相場
 1月の対米ドル為替相場の平均は3.215ソルであった。



 

エ 失業率
 12月のリマ首都圏の完全失業率は6.9%であった。



オ 財政収支
 1月の中央政府の財政収支は,歳入が対前年同月比で2.3%減となった。歳出は,対前年同月比で19.8%減となった。全体では,プライマリーバランスは,3,200百万ソルの黒字となった。債務の利払いを含めると,2,789百万ソルの黒字となった。


カ 貿易収支
 12月の輸出額は,伝統産品(鉱物資源,魚粉,コーヒー等)が対前年同月比10.2%増,非伝統産品(アスパラガスなどの近代的農業産品,繊維製品,工業製品等)が0.2%増となり,全体では4,397百万米ドル(対前年同月比7.3%増)となった。主要輸出品目は銅,金,鉱油,鉛であった。
 輸入額は,対前年同月比で消費財が1.2%増,中間財は21.6%増,資本財が0.8%増となり,全体で3,317百万米ドル(対前年同月比9.7%増)となった。この結果,貿易収支は,1,081百万米ドルの黒字となった。主要輸入品目は原油,ディーゼル,自動車(消費財では,自動車,テレビ,バイク)であった。





キ 外貨準備高
 1月末の外貨準備高は,64,290百万米ドルとなった。 


 

ク 対外累積債務
 2017年9月末の対外債務累積総額は,80,200百万米ドルとなった。