ペルー危険情報(一部地域の危険レベル引き下げ・解除)

在ペルー日本国大使館

・ペルー危険情報を改訂し,ロレト州,ワヌコ州,ウカヤリ州,サン・マルティン州,ワンカベリカ州の一部の危険レベルを引き下げ・解除しました。

【ポイント】
● 治安当局のテロ組織掃討作戦や治安対策の強化の結果,治安改善が見られる地域について,危険レベルを引き下げ及び解除します。一方で,山岳地帯の一部(レベル3の地域)では,引き続きテロや誘拐事件が発生していますので,同地域への渡航はどのような目的であれ止めてください。
● 全国の主要な観光地では,外国人の旅行者を対象とした強盗及びスリ・ひったくり等の一般犯罪が頻発していますので,引き続き十分注意してください。

【危険度】
● クスコ州の一部,フニン州の一部,ワンカベリカ州の一部,アヤクチョ州の一部
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
● ロレト州の一部(コロンビアとの国境地帯)
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き下げ)
● コロンビアとの国境地帯,アマソナス州コンドル山脈のエクアドルとの国境地帯
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
● ロレト州の一部
 レベル1:十分注意してください。(引き下げ)
● リマ州(リマ市(首都)及びカヤオ憲法特別市),フニン州の一部,ワンカベリカ州の一部,アヤクチョ州の一部
 レベル1:十分注意してください。(継続)
● ワヌコ州の一部,ウカヤリ州パドレ・アバッド郡,サン・マルティン州の一部,ワンカベリカ州ワンカベリカ郡
危険レベルの解除(引き下げ)

詳細は以下のリンク先を御確認ください。
(PC)==> http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2018T023.html
(携帯)==> http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbhazardinfo_2018T023.html