ペルー南部カバンカヤ火山の噴火に伴う注意情報

2016/12/29
在ペルー日本国大使館

 12月28日,ペルー南部アレキパ州のサバンカヤ火山の噴火活動が活発化し,周囲への降灰も増加していることに関して火山危機管理科学技術委員会が声明を発出し,火口周辺12km以内に近づかないよう注意を呼びかけました。
  同火山は,コンドル観察で知られるコルカ渓谷のツアールートから20km前後の距離にあります。
 アレキパ州方面への旅行の際は,報道等に注意して最新の情報入手に努め,注意勧告にしたがって安全を確保するようにしてください。