投資促進庁発表 2017年~18年に入札予定の官民連携プロジェクト

2017/2/9
  1月26日,投資促進庁(ProInversión)は,2017年~18年に入札を予定する,144億ドルを超える計32件の官民連携(PPP)プロジェクトなどについて発表しました。そのプレゼン資料のうち32件のPPPプロジェクトについては概要以下のとおりです。ご関心のある方は,プレゼン資料(スペイン語版),投資促進庁のプレスリリース(英語版スペイン語版)をご覧頂ければと思います。
 

1.2017年に入札予定のプロジェクト:16件,40億7,700万ドル
(注:以下の○は入札見こみ大,△は中程度の見込み)

<上半期>
(1)運輸
 ○アンデス山脈縦貫道区間4(投資額:464百万ドル,期間:25年)
 ○アマゾン地域水路(投資額:95百万ドル,期間:20年)

(2)エネルギー
 ○送電線Aguaytia-Pucallpa間(投資額:37.3百万ドル,期間:30年+建設期間(36か月))

<下半期>
(1)運輸
 ○鉄道Huancayo-Huancavelica間(投資額:204百万ドル,期間:30年)
 ○港湾ターミナルIlo(投資額:204百万ドル,期間:30年)
 ○港湾ターミナルSalaverry(投資額:215百万ドル,期間:30年)

(2)通信
 ○ブロードバンド アマソナス州(以下イカ州及びリマ州を併せ,投資額:141.7百万ドル)
 ○ブロードバンド イカ州
 ○ブロードバンド リマ州

(3)鉱業
 △Michiquillay鉱床(投資額:2,016百万ドル,期間:評価中)

(4)エネルギー
 △送電線接続Mantaro(以下送電線接続Nueva Yanangoを併せ,投資額:568.2百万ドル,期間:30年+建設期間(38か月及び40か月))
 △送電線接続Nueva Yanango
 △送電線Tintaya-Azangaro間(投資額:58.8百万ドル(EPC:設計調達建設),期間:30年+建設期間(36か月))
 △変電所Carhuaquero(投資額:9.5百万ドル(EPC:設計調達建設),期間:30年+建設期間(30か月))
 △送電線Carabayllo-Chimbote間(以下変電所補償器Trujilloを併せ,投資額:64.4百万ドル(EPC:設計調達建設),期間:30年+建設期間(33か月))
 △変電所補償器Trujillo

 
2.2018年に入札予定のプロジェクト:16件,103億5,000万ドル
(注:以下の○は入札見こみ大,△は中程度の見込み)

(1)運輸
 △アンデス山脈縦貫道一部区間運営・維持(投資額:評価中,期間:25年)
 △パン・アメリカン・ハイウェイIca-Quilca間(投資額:評価中,期間:評価中)
 △環状道(投資額:2,047百万ドル,期間:30年)
 △リマ・メトロ3号線(投資額:6,600百万ドル,期間:30年)(2018年末又は2019年始めの入札予定)

(2)下水処理
 ○下水処理施設Titicaca(投資額:300百万ドル,期間:30年)
 ○下水処理施設Huancayo(投資額:89.1百万ドル,期間:20年)

(3)不動産
 △Editora Peru新本社(投資額:18.8百万ドル,期間:評価中)
 △工業団地Ancon(投資額:約500百万ドル,期間:15年)

(4)鉱業
 △鉱山プロジェクトColca(投資額:評価中,期間:評価中)
 △鉱山プロジェクトJalaoca(投資額:評価中,期間:評価中)

(5)エネルギー・炭化水素
 △変電所La Planicie(投資額:未定,期間:未定)
 △変電所補償器La Planicie(投資額:24.8百万ドル,期間:30年+建設期間(24か月))
 △天然ガス普及(投資額:約350百万ドル,期間:32年)

(6)保健
 ○健康保険庁(ESSALUD)病院Piura(以下ChimboteとLimaと併せ,投資額:424百万ドル,期間:20年(建設3年,運営・維持17年)
 ○健康保険庁(ESSALUD)病院Chimbote
 ○健康保険庁(ESSALUD)病院Lima