アヤクチョ州及びワンカベリカ州の一部に対する非常事態宣言の発出(10月5日まで)

2017/9/19
在ペルー日本国大使館

1 ペルー政府は,9月15日付官報にて,アヤクチョ州ワンタ郡ルリコチャ町,ワンカベリカ州タヤカハ郡サン・マルコス・デ・ロチャク町,ワリバンバ町,パソス町,アクラキア町,アワイチャ町,ダニエル・エルナンデス町,コルカバンバ町,チュルカンパ郡に対して,9月16日から20日間(2017年10月5日まで)テロ対策のため非常事態宣言を発令する大統領令を公布しました。同宣言の発令により,当該地域では同期間中,人身の自由,住居不可侵,集会及び通行の自由といった憲法で保障された権利の一部が制限されます。
 
2 同地域では散発的にテロ事件や誘拐事件が発生しており,国軍等治安機関によるセンデロ・ルミノソ(SL)の追跡・掃討作戦が行われているため,渡航は止めてください。
 
3 近年,シリア,チュニジア及びバングラデシュにおいて日本人が殺害されたテロ事件や,パリ,ブリュッセル,イスタンブール,ジャカルタ等でテロ事件が発生しています。このように,世界の様々な地域でイスラム過激派組織によるテロがみられるほか,これらの主張に影響を受けた者による一匹狼(ローンウルフ)型等のテロが発生しており,日本人・日本権益が標的となり,テロを含む様々な事件の被害に遭うおそれもあります。このような情勢を十分に認識して,誘拐,脅迫,テロ等に遭わないよう,また,巻き込まれることがないよう,海外安全情報及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め,日頃から危機管理意識を持つとともに,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。