在留届

2017/12/7
 在ペルー日本国大使館領事部におきましては、テロや大規模災害などの緊急事態発生時等に日本人の皆様に直ちに情報提供できるよう、在留届を提出していただいた方の在留状況・連絡先等の確認を行っています。在留届を提出いただいた後、住所等在留届に記載された情報に変更が生じた場合、提出先の日本大使館又は日本総領事館に対し変更の届出を行う必要があります。特に住所・電話番号・Eメールアドレス等に変更が生じた場合、変更の届出を行っていないと、在留状況等を確認することができず、緊急事態発生時等に日本大使館又は日本総領事館から情報の発信が行えないこととなります。したがいまして、在留届の記載事項に変更が生じた場合は、必ず変更の届出を行うようお願いいたします。

 

1.在留届について

 在留届は、旅券法第16条により、海外に3ヶ月以上滞在する場合に届出が義務づけられています(但し、罰則規定はありません)。これは、皆様が当地に滞在していることを当館領事部へ連絡しておくためのものであり、皆様が当地において万が一、大きな事件や事故及び災害等緊急事態に遭遇した場合、「在留届」を基に皆様の所在地や緊急連絡先を確認し援護活動を行います。在留届が提出されていないと、安否確認や援護活動が行えません。
 また、「在留届」が役立つ例はたくさんあります。
   ○皆様が万が一事件や事故に巻き込まれ、当人自身が日本のご家族に連絡が行えないような場合に、本人に代わって連絡を行うことができます。
   ○落とし物が、警察、郵便局、市役所などから当館に回送されてきたとき、「在留届」に当地に居住している方の物であることが確認され、本人に直ちに連絡することができます。
   ○在外選挙人名簿に登録する際の居住確認資料となります。
   ○当地の安全情報等「在ペルー日本国大使館領事部からのお知らせ」を送付致します。

 

2.在留届の入手及び提出方法

(1)領事部窓口、FAX、郵送による提出

 

 在留届の用紙は当館領事部窓口、または以下のダウンロードから入手してください。遠隔地にお住まいの方には、用紙を郵便、FAX等で送付致します(郵送を希望される方は、切手を貼った返信用封筒を同封の上、用紙を請求して下さい)。「在留届」用紙入手後、提出は当館領事窓口に直接お持ちになるか、郵送、FAXで提出頂くことになります。
 在留届用紙ダウンロード

 

(2)インターネットでの届出

 

 2003年春より、外務省の「在留届電子届出システム」が開始されました。今までの提出方法に加えて、インターネットを通じて外務省ホームページ(http://www.ezairyu.mofa.go.jp)より簡単に「在留届」が提出できるようになりました(但し、日本語環境にあるPCからのみ届出可)。

 

<帰国や住所変更等が生じた場合>
 「在留届」の提出後に、帰国、転居、家族の移動など記載内容に変更が生じた場合は、別添変更届をFAX又は郵送で、当館まで送り下さい。住所等連絡先の変更届がないと、緊急時の連絡が受けられません。また、帰国したまま連絡をされないと、緊急事態の際に既に帰国されているその方の安否確認に時間がとられ、実際に滞在している他の皆様の安否確認がそれだけ遅れることにもなりかねません。
 変更届ダウンロード