大使の挨拶

2018/3/10

 
在ペルー日本国大使館のホームページにようこそ。
 
駐ペルー日本国大使の土屋定之です。 ペルーは私にとって初めての中南米の国ですが,豊かな自然と文化,そして多様な食材を使った美味しい料理に恵まれた魅力的なこの国で多くの方々と知り合い,大使として二国間関係の発展のための仕事ができることを大変幸運に思います。
 
ペルーは,日本にとって中南米諸国の中で最も長い外交関係を有する国です。 日ペルー首脳会談や日ペルー政策協議,活発な人的交流を通じて関係がますます強化されています。
 
経済面では,ペルーは中南米地域でも安定した成長率を誇り,現在では19の国・地域との通商協定が発効しているなど中南米における貿易・投資の拠点の一つとなっています。それ故に我が国はペルーとの経済関係を重視しており,様々な地域的な経済枠組において太平洋を挟んだ重要なパートナーとして連携をとっています。また,両国の良好な経済関係は,当地における70社を超える日系企業の活動にも支えられています。このようにペルーで高い信頼を得ている日系企業をはじめとする多数の企業や機関等を支援し,連携しながら両国の更なる経済関係の拡大に努めていきたいと思います。
 
さらには社会経済インフラの整備,環境対策及び防災対策を中心とした幅広い協力を行ってきており,我が国は引き続きペルー社会の発展に向けた協力を進めていく考えです。
 
10万人を擁するペルー日系人社会は,日ペルー友好の架け橋として極めて重要な役割を果たしていただいております。1899年に南米で初めてペルーに到着した日本人移民は,移住後の様々な苦難を乗り越え,現在では二世,三世さらに若い方々が,親の世代やそれ以前の世代から引き継いだ伝統と価値観をもとに,ペルーの社会経済の発展に貢献されていることに敬意を表します。引き続き,日本語教育推進や若者を視野に入れた文化交流などを通じて,日系社会との連携を強化していきたいと思います。
 
今後も,ペルー在住の皆様の御協力を頂きながら,日ペルー両国の友好関係の発展に尽力していきたいと思います。そのために大使館は,本ホームページや当大使館のフェイスブック・アカウントを通じて皆様のお役に立つ情報を引き続き提供して参りますので,御活用していただければ幸いです。今後とも何卒よろしくお願いします。
 
駐ペルー特命全権大使
土屋 定之