選択消費税の税率見直し等に対する抗議デモ

2018/5/29
在ペルー日本国大使館
 
1 報道によれば,フリアカでは本日(5月29日)から,中央政府による選択消費税の見直しと地方自治体による公共事業の中断に抗議する48時間ストライキが開始され,同日の午前,フリアカからクスコ,アレキパ等につながる幹線道路が一時閉鎖されたほか,市内の一部交通機関が麻痺する等の影響がでています。当局によれば,本日のデモは比較的小規模なものでしたが,明日は近隣地域の抗議グループも加わり,大規模なデモが行われる見込みで,プノでの観光への影響も懸念されます。
この選択消費税の見直しに対する抗議活動は,これまでにクスコ等でも発生したほか,30日にはタクナで,31日にはアレキパやモケグアにおいてもデモが計画されており,今後,全国的な広がりを見せる可能性があります。
 
2 つきましては,上記情勢に留意の上,デモや不測の事態に巻き込まれないよう,以下のような安全対策を心掛け,十分注意してください。
(1)報道等で最新情報の入手に努める。
(2)デモ等が実施された場合には近づかず,デモ等に遭遇した場合は速やかにその場から離れる。
(3)普段は比較的安全と思われる場所でも注意を怠らない。
(4)道路封鎖等に備え,普段より時間に余裕をもって行動する。