ワラル事件第27回忌追悼式(7月12日実施)

2018/7/13
→スペイン語:Español

1 7月12日,土屋定之大使は,ワラル野菜研究センターにおいて,1991年に同地でセンデロ・ルミノソに殺害された3人のJICA専門家の第27回忌追悼式に出席しました。式典にはペルー側から,アルテガ農業政策副大臣,バランディラン国立農業研究所所長,チュイ・リマ州知事ほかが出席しました。
     式典にて,土屋大使から志半ばで命を奪われた宮川氏,中西氏,金良氏に対して深い哀悼の意を表すとともに,アルテガ農業政策副大臣から「JICA専門家の意思を引き継いで取り組んでおり,彼らの思い出がここに残っている。」との弔いの言葉がありました。

2   式典終了後,土屋大使は,3人のJICA専門家の慰霊碑が建立されているワラル日系人協会が経営するインカ学園を訪問し,焼香及び献
花を行いました。

3   その後、インカ学園及び同敷地内に併設されている同協会経営の医療施設である。「さくら診療所」を視察しました。

4   式典次第 
    (1)土屋大使挨拶
    (2)磯貝JICAペルー事務所次長挨拶
    (3)バランディラン国立農業研究所(INIA)所長挨拶
    (4)アルテガ農業政策副大臣挨拶

5 式典の様子
          
                     土屋大使挨拶




追悼式の模様
インカ学園での焼香・献花

                           インカ学園
さくら診療所