大使館付近でのひったくり事件

2018/8/27
在ペルー日本国大使館

1 事案概要
日時:8月27日(月)午後0時30分頃
場所:大使館付近のハビエル・プラド通りの歩道(大使館住所はAv. Javier Prado Oeste No.757, Magdalena del Mar, Lima)
概要:ペルー人男性が上記場所を歩いていたところ,バイクに乗った男に荷物をひったくられた。

2 対策等
(1)ひったくりは地区を問わず,人通りのある日中でも多く発生していることに留意する。
(2)道を歩くときはなるべく車道側を避け,荷物は車道側の手で持たない。
(3)被害を最小限に留めるため,貴重品は分けて携行する。
(4)バイクや自転車が近づいてきたら,ひったくりを疑い警戒する。
(5)周りに怪しい人物がいないか気を配り,時折周囲に視線を向けるなど,警戒心を顕示する。
(6)万が一強盗に遭遇した場合は,抵抗することにより傷害,殺人事件に発展する例もあるので,絶対に抵抗せず身の安全を最優先に行動する。