労働者総連盟(CGTP)呼びかけによる抗議デモ

2019/6/20
在ペルー日本国大使館

・ 6月20日(木),ペルー政府の経済政策等に対する抗議や労働者の権利を訴えることを目的としたペルー労働者総連盟(CGTP)の呼びかけによるデモが,全国規模で予定されています。

1 報道によれば,ペルー労働者総連盟(CGTP)及び全国人民会議(ANP)は,6月20日(木)に,ペルー政府の経済政策等に抗議し労働者の権利を訴えることを目的とした全国規模でのデモの実施を呼びかけています。
  リマでは,デモ参加者は,20日(木)正午に旧市街プラサ・デ・ドス・デ・マジョ(Plaza de Dos de Mayo)に集合し,その後,サン・マルティン広場(Plaza de San Martin)に移動し,16時に同広場発で議会へ向けて行進を行うとのことです。

2 これまでこの種の抗議デモにおいては,各地で渋滞や道路閉鎖のほか,一部の過激化したデモ隊と警察当局との衝突が起き,負傷者や逮捕者がでることも少なくなく,今回も同様の事態が発生する可能性は排除できません。

3 つきましては,これらの情勢に留意の上,デモや不測の事態に巻き込まれないよう,以下のような安全対策を心掛け,十分注意してください。
(1)報道等で最新情報の入手に努める。
(2)デモ等が実施された場合には近づかず,デモ等に遭遇した場合は速やかにその場から離れる。
(3)普段は比較的安全と思われる場所でも注意を怠らない。
(4)道路封鎖等に備え,普段より時間に余裕をもって行動する。