円借款「モケグア水力発電所整備事業」契約調印式の実施:モケグア州モケグア市(7月18日)

2019/7/18
→スペイン語:Español

    7月18日,土屋大使はモケグア市を訪問し,円借款「モケグア水力発電所整備事業」について,ビスカラ大統領や関係閣僚,クエバス州知事臨席の下開催された実施機関と受注業者間の契約調印式に出席しました。また,クエバス知事やセバジョス国立モケグア大学学長と同州の発展や学術交流に関する意見交換を行いました。
   モケグア水力発電所整備事業は,モケグア州における農業生産拡大のための灌漑施設整備を目的とする「パストグランデ地域開発計画」の重要コンポーネントとしても位置付けられており,同州のインフラが向上し一層の経済・産業の発展につながることが期待されています。
   土屋大使は,契約調印式において,日本はモケグア州において,JICA事業やケジャベコ銅山開発を含む官民の様々な分野で協力案件を実施しており,それらが地域との共生と相互の信頼関係の下で全体として高い効果を得られるよう共に取り組んでいく,と述べました。
 
(土屋大使による挨拶)
(ビスカラ大統領による挨拶)
(契約署名の様子)
(記念撮影)
(土屋大使とビスカラ大統領らとの意見交換の様子)