ロータリークラブによる新型コロナウイルス感染症対策向け資機材の供与式

2020/10/23
 フェイスガード供与の様子
 マセッティ保健大臣、ロータリークラブとの記念撮影

10月23日、片山大使はペルー保健省にて、ペルー政府に対する新型コロナウイルス感染症対策の能力強化に資する資機材の供与式に出席しました。

供与式には、ピラル・エレナ・マセッテイ保健大臣らが出席しました。

この支援プロジェクトはロータリークラブのイニシアチブであり、日本の名古屋和合ロータリークラブ、ペルーのロータリークラブ・ナスカ及びロータリー財団の協力により実現に至りました。この素晴らしい両国のロータリアンたちの交流と友情により、本日、ペルー政府に14万個以上のフェイスシールドが寄贈されました。

供与式において片山大使は、今回の供与に至ったことへの賛辞を送り、日本は古くからの友人であるペルーとともにCOVID-19の危機克服のために引き続き積極的に国際協力に取り組んでいく旨を述べました。