新型コロナウイルス関連情報(国際線・国内線の運航)

2021/3/14
在ペルー日本国大使館
○ペルー政府は、3月13日(土)付の官報にて、英国・ブラジル及び南アフリカからの国際線(ペルーに到着する便)の運行停止を延長する旨発表しました(3月15日(月)より3月28日(日)まで)。これにより上記3カ国を除く8時間以上の飛行時間となる出発地からの国際線の運航停止は解除となります。
なお、ペルー入国にあたっては、引き続き渡航前72時間以内に発行されたコロナウイルス陰性証明(PCR検査又は抗原検査)の取得、及び事前にペルー入管HPより誓約書の登録が必要となりますので、ご注意ください。

○また、ペルー政府は、同日付の官報にて、これまで、感染警戒レベルが極度に高い(Extremo)地域から国内線に搭乗する際に取得が必要とされていた、搭乗前72時間以内に発行された新型コロナウイルス陰性証明が不要となる旨、発表しました。

詳細については、官報をご確認下さい(スペイン語のみ)。
・英国・ブラジル及び南アフリカからの国際線運行停止の延長
https://busquedas.elperuano.pe/normaslegales/suspenden-los-vuelos-de-pasajeros-provenientes-de-reino-unid-resolucion-ministerial-n-216-2021-mtc01-1934848-1/

・感染警戒レベルが極度に高い地域から国内線に搭乗する際の新型コロナウイルス陰性証明取得の不要について
https://busquedas.elperuano.pe/normaslegales/derogan-el-articulo-3-de-la-rm-n-043-2021-mtc01-que-est-resolucion-ministerial-n-217-2021-mtc01-1934849-1/