旅券(パスポート)

令和5年3月30日

旅券(パスポート)の申請にあたって注意事項等

 
  • 2022年4月1日から10年有効パスポートを取得できる年齢が18歳以上となりました。詳細はこちら
  • パスポート(旅券)の申請は、原則として、申請者の方ご本人が大使館へ赴いて直接申請を行う必要があります。交付時も、必ず旅券名義人ご本人様が来館受領していただく必要があります。また、遠隔地にご在住の方につきましては、事前にPDFファイルにて書類をメールにて送付し、来館日のご予約をしてください。できる限り、早めの対応をさせていただきます。
  • 旅券が新たに作成されますと、旅券番号が変わります。これに伴い、ペルー入国管理局にて記載事項変更の通知が必要となります。

窓口手続きのご案内

申請の種類 申請理由
新規申請(切替、未成年を含む) 新規
  • 初めてパスポートを申請する方
  • パスポートの有効期間が既に切れている方
  • パスポートを紛失・盗難・焼失し、紛焼失届を提出して新たに申請する方
  • 氏名や本籍地の都道府県等記載事項に変更がある方(変更前のパスポートと有効期間満了日が同一である残存有効期間同一旅券も申請できます。)
切替
  • 残存有効期間が1年未満となった方
  • 査証欄に余白がなくなった方
未成年
  • 満18歳未満の方
残存有効期間同一旅
  • 結婚や養子縁組等により、氏名に変更があった方
  • 本籍地の都道府県に変更があった方
  • 国際結婚等で、外国の氏名等を別名として追記または削除する方
  • 査証欄の余白が見開き3ページ以下になった場合
 ※なお、現在所持するパスポートの内容の訂正を行った新規のパスポート申請も可能です。
旅券(パスポート)の盗難、紛失
  • パスポートを盗難、紛(焼)失された方
帰国のための渡航書
  • 緊急で帰国される方
オンライン申請
  • 新規、切替、残存有効期間同一旅券、紛失による発給、帰国のための渡航書