旅券の手続き(パスポート)

2019/11/19

一般旅券の盗難,紛(焼)失

 ・ 一般旅券を盗難,紛失,焼失した場合は,「紛失一般旅券等届出書」を提出し、新たに旅券を申請することになります。短期旅行者の場合など,旅券の発給を受ける時間がなく緊急に帰国する必要がある場合には「帰国のための渡航書」を申請します。 

 ・ 盗難・紛失した旅券が不正使用されることを避けるため,速やかに所轄の警察へ届け出て盗難(紛失)証明書を作成してもらい、原則としてご本人が来館してください。

 ・ 紛焼失の届出と新規発給申請は,同時に行うことが可能です。

 【注意!】「紛失一般旅券等届出書」を提出すると,当該旅券の失効処理が行われます。届出をされた後に当該旅券が見つかったとしても,それを使用することはできません。失効した旅券を使用すると処罰の対象となることがあります。

 

(1)紛失一般旅券等届出の申請に必要なもの

 ○ 紛失一般旅券等届出書 1通
  ・ 申請書は,当館領事窓口に備え付けのもの,又はダウンロード申請書に必要事項を入力の上印刷したもの
 
 ○ 写真1葉
  ・ 6か月以内に撮影されたもので,鮮明であること。(サイズ又は写真にゴミやキズがある場合等不適当な場合,撮り直していただくことがあります。)
  規格:縦45mm × 横35mm,顔の縦の長さが34mmのもの。詳細はこちら(パスポート申請用写真の規格について
 
 ○ 警察が発行する盗難(紛失)証明書
 
 ○ 身元が確認できる書類
  ・ 運転免許証,旅券コピー等

 

(2)「一般旅券」,又は「帰国のための渡航書」の申請に必要なもの

 ※ 上記紛失届を提出した上で,新たな旅券の申請をする方は,「一般旅券の新規・切替発給」をご参照ください。
 ※ 上記紛失届を提出し,緊急に帰国する必要がある方は,「帰国のための渡航書」をご参照ください。

短期滞在者でペルーを出国される方

短期滞在中に一般旅券の盗難,紛失等に遭い,新たに旅券を取得してペルーを出国される方は,取得後に,ペルー入国管理局で入国スタンプの転記手続きを行う必要があります。詳細は、こちらをご参照ください。